青森県立郷土館は現在休館中です。休館に関する情報はこちら
現在サーバ時刻:2024-05-23 05:38:18

メンテナンスに伴うウェブサイト閲覧一時停止について

メンテナンス作業のため、6月1日(土)の夕方頃、約30分程度、このウェブサイトの閲覧ができなくなります。ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承ください。

青森県内初記録 カイギュウ化石 のブログ記事

カイギュウ化石 先日、郷土館で収蔵しているカイギュウ化石の発見についてテレビや新聞など報道機関を通して発表をしました。これについての解説を当館ブログ「weeklyきょうどかん」に掲載しました。 こちらからご覧ください。

 

資料貸出・利用について

令和6年度は、長寿命化改修工事準備作業を行うため資料貸出・利用について作業との調整を行う必要がありますので、早めにご相談ください。

青森県立郷土館公式YouTubeチャンネル

イベント画像 当館の資料や催し物などの情報を紹介しています。

トピックス

すべてのトピックスを見る

第1回土曜セミナー

<講演会>

開催期間:2024-05-25~2024-05-25


期 日:令和6年5月25日(土)
テーマ:77年前に発見されていた県内初記録の
    カイギュウ化石
講 師:青森県立郷土館 副館長 島口 天
<講師から一言>
カイギュウは水生の草食哺乳類で、現生種には熱帯から亜熱帯に生息するジュゴンやマナティがいます。今回、このカイギュウの肋骨片化石(写真)が県内では初めて確認され、それは寒冷な環境に適応して進化した大型のカイギュウと考えられます。カイギュウの進
化と化石の研究過程について紹介します。

時 間:1回目 13:30~14:10  2回目 14:20~15:00
会 場:青森県総合社会教育センター 4階 第2多目的研修室(青森市荒川字藤戸119-7)
受講料:無料         
受 付:当日会場にて1回目13:00から、2回目13:50から受付開始
定 員:各回とも40人(先着順)
その他:あおもり県民カレッジ単位認定講座(2単位)
    参加に際して、下記リンク先をご覧になり、社会情勢に合わせた形での感染症拡大防止対策にご理解
とご協力をお願いします。


第2回は令和6年6月15日開催予定です(第2回以降の詳細については下記の講座一覧をご覧ください)

令和6年度 土曜セミナー講座一覧

東北大学大学院生命科学研究科附属浅虫海洋生物学教育研究センター百周年記念行事について(共催:青森県立郷土館)

<講演会>

開催期間:2024-06-08~2024-06-19

 東北大学の浅虫海洋生物学教育研究センターは、今年の7月で創立百周年を迎えます。同センターに併設されていた水族館は、1984年4月まで広く一般に公開されていました。
 青森県立郷土館では、同センターの創設者である平内町出身の畑井新喜司ゆかりの資料等を展示します。また、講演会では浅虫や実験所の歴史について、当館学芸員(太田原・佐藤)が講演します。

日時・会場
(資料展示)令和6年6月8日(土)~19日(水)
       午前9時~午後5時
  ※ 但し、6月15日(土)のみ午前9時~11時30分
  東北大学大学院生命科学研究科附属浅虫海洋生物学教育研究センター会議室
(講演会) 令和6年6月15日(土)午後1時~5時
   道の駅ゆ~さ浅虫4階会議室
    ※ 講演当日は会場でも展示を行います。

詳しくはチラシをご覧ください。

チラシはこちら

重要文化財大石平遺跡出土品保存修理事業

<お知らせ等>

開催期間:2021-04-01~2025-03-31

令和2年度から、重要文化財大石平遺跡出土品の保存修理事業を実施しています。
令和5年度の修理結果は次のファイルをご覧ください。

重要文化財大石平遺跡出土品保存修理事業について

資料と学習

津軽デジタル風土記

「津軽デジタル風土記」は、青森県津軽地方に残されている文献資料のなかで選りすぐりの資料をデジタル撮影し、ウェブ上で公開することによって、国内外の多くの方々に津軽の歴史や文化の魅力を知っていただき、多くの人に津軽を訪れてもらおうというプロジェクトです。国文学研究資料館を中心にして、弘前大学教育学部、同 人文社会科学部、弘前市教育委員会と当館の5者が参加して推進しています。このプロジェクトにより、当館の資料のなかにも、デジタル化され、ウェブサイト上で公開されているものがあります。ご覧いただければ幸いです。

「津軽デジタル風土記」ウェブサイトは、こちらからアクセスできます。

善知鳥図(百川学庵筆『津軽図譜』 当館蔵)

イベントカレンダー

休館中も館外で行事を実施します。